トップ / 不動産を居抜きで借りる

不動産鑑定士に関する情報

店舗用不動産を借りるとき

飲食店や雑貨屋等、お店をオープンするときに借りる店舗用不動産について解説します。店舗用物件には大きく居抜きとスケルトンの2つに分けられます。「スケルトン」はその名の通り、何もない状態で借りること。棚や什器など、必要なものはすべて自分で揃えなければなりません。居抜きはすでにその物件の中にあるものもそのまま使えるというもの。冷蔵庫やガス台、細かいところではハンガーや食器なども当てはまります。必要なものを集める資金が少なくてすむという反面、不要なものは自分で処分しなければならないというデメリットもあります。不動産を借りるときはそのメリットデメリットを見極め、契約内容を理解するということが重要です。

居抜きのメリットとデメリット

居抜きとは不動産用語で、店舗を建物だけではなく内部の設備や家具・什器などもそのままの状態で売買、あるいは賃貸することを言います。そのため居抜きの物件は建物と付帯設備を合わせて価値が判断されます。この物件のメリットとしては最初から設備が揃っているので初期投資を低く抑えることが出来、更に開店までの準備期間が短くて済みます。また以前からの顧客を取り込める可能性もあります。逆にデメリットとしては店のレイアウトがあらかじめ決まっているので自分が思い描いていた店そのものにはなりにくいかもしれません。また建物や設備の老朽化によるトラブルの発生もあり得ます。店舗の不動産選びは慎重に行いましょう。