トップ / 不動産購入のスケジュール

不動産鑑定士に関する情報

休日に行われる不動産取引

不動産の売り主は多くの土地を所有している場合が多く、農家であったり、アパート・マンション経営者や駐車場をもっている方が多く、休日でも自由がきく方が多いようです。買取主は、その多くがいわゆるサラリーマンで、土日休日の方が多くなります。土地の取引するために必要な行動、例えば住宅ローンを組む場合の銀行などとの手続は、ウィークデーに休みをとって行われることが一般的です。しかし、土地売り主との不動産取引についての面談や各種必要書類の提出、手付金の支払いなどは、落ち着いて行う必要があり、土日を使うのがベストの選択でしよう。

休日の取り方について

不動産会社と言えば、土日に営業しているので、年中無休で仕事をしているイメージがあるかもしれません。しかし、実は、平日に休日を設けています。その為、急に思い立ち会社に電話したり、訪問したりすると、休日だったという経験をした人も多いようです。会社全体で休む公休は、水曜日や木曜日に設けている会社が多いです。週の半ばの一番仕事が少ない時に休みをもらいます。物件を探している場合、殆どの人は土日が一番動きやすいです。ゆっくりと物件を見て回りたいものですから、土日に営業していると大変便利で利用しやすいといえるでしょう。