トップ / 狭小住宅ならではの工夫

不動産鑑定士に関する情報

狭小住宅というコンパクトな住宅

狭小住宅は、コンパクトな住宅と考えれば、そのイメージも違ってきます。こうした住宅は家族のような世帯向きのものではなく、もっぱら独身で身軽な人向けのものと言えるでしょう。しかし、ワンルームマンションのような、バス・トイレ付きで、賃料もそれに応じて安く、コンパクトでありながらも小回りの利くような狭小住宅は、独身で身軽な人にとってはなかなか重宝するものなのです。住宅というものもまた、適材適所なものなのですから、世帯持ちにはそれ向きの、独身者にはそれ向きの住宅というものがあるわけです。

住宅のリフォームをしよう

住宅をリフォームする場合、新築で建てた建物の状態に極力近づけながら業者が改修の工事を行います。住みやすい環境にするために、建物を建てた当時の状態に戻す目的で改修の工事を行う場合が多いです。一方で、住宅のリノベーションに関して、新築の時の建物よりも発展させた形で改修の工事を行う事が特徴です。建物に元々備え付けられた設備や環境などに新規の付加価値を付けて、さらに住みやすい状態に工事を行います。リフォームを行う場合、老朽化した部分を改修する事で危険を極力無くす事が目的です。