トップ / 温もりのある注文住宅

不動産鑑定士に関する情報

木の家のいいところについて

木の家は人に安らぎを与えます。木はコンクリートや鉄と違って、人が作り出したものではなく、自然の産物です。その木で造る住宅については、鉄筋コンクリート造や鉄骨造と違いあたたかなぬくもりがあるのです。やさしい感触を持ち、社会でのストレスを和らげてくれるのです。また、木の家には、断熱・調湿効果がありますので、四季や梅雨などを有する日本ならではの気候などにもあっているのです。さらには、ほどよい弾力ありますから、足腰の疲労を軽減してくれる働きも期待できます。素足で歩けばそのあたたかみを肌で感じるでしょう。

注文住宅がおすすめな理由

注文住宅は新築一戸建てを入手する際に最も自由度の高い選択で、住宅の基礎的なデザインから計画していくので理想のマイホームを求める人に最適です。また、予算や都合に応じて変更を加えられるので、入居者の希望を最大限に実現させられるメリットを持ちます。分譲住宅の場合は入居までの手続きが短期間で済みますが、設備の追加やオリジナル要素を加えるのには限界があります。一方で注文住宅は入居までに長い期間を要しますが、将来的な増築も視野に入れて建物を設計できるので、設備の追加や間取り変更などを考慮したい場合に有効です。